読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1年で偏差値40台から84.3へ

一年前には偏差値40台だった私が、秋の各大学専門模試ではA判定を取り、記述模試では偏差値80越えをするようになりました。そこまで伸びた私の勉強法を1人でも多くの伸び悩んでいる学生に伝えたいと思い、このブログを書いています。毎日少しずつ、夢に近付きましょう!「最小の努力で最大の伸びを」

高校は受験の邪魔になる?

 

 

おはようございます☀

 

 

「最小の努力で最大の伸びを」

をモットーに

読者の皆さんをサポートする

”ゆう”です。

 

 

 

 

昨日まで二日間、

浪人生に向けての記事を書いたので

今日は、

現役生に視点を置いたブログを

書いていきますね🎶

 

 f:id:zerokaraseisekiup:20170310235042j:image

 

 

現役生にとって、

受験勉強するにあたり

1番の壁になるのは

「時間の無さ」だと、思います。

 

 

 

学校に朝から夕方まで拘束され、

それに受験には関係のない科目も

沢山授業があります。

 

定期テストもある程度は

勉強しないといけない。

 

それに加えて行事もある。

 

 

毎日勉強しても、

多く取れて5時間、

少ないと3時間ぐらいに

なってしまうでしょう。

 

 

受験勉強しかしない浪人生と比べると

格段に時間が少ないです。

 

 

 

 

しかし、浪人した私は思います。

 

 

「時間が増えても変わらない」

 

 

「学校は程よい息抜きになる」

 

 

 

時間が増えても変わらないというのは、

「学校」という息抜きがないので

リフレッシュ出来ないからです。

 

 

友達とたわいのないお喋りをしたり、

体育で体を動かしたり、

調理実習をしたり、、、

 

 

こういった学校ならではのことは、

実はとても良い気分転換になっています。

 

 

 

 

そして、時間がないからこその、

集中力。

 

 

浪人生の様に無限に時間があると、

ついダラダラしがちです。

 

 

その点、現役生は

限られた時間を工夫して、

勉強に充てるのです。

 

 

 

 

だから、現役生の皆さんは、

焦り過ぎずに、

学校を蔑ろにし過ぎずに、

うまく利用して

成績アップを図りましょう!